1. HOME
  2. 健康診断のご案内
  3. 特定健診・特定保健指導とは

特定健診・特定保健指導とは

平成20年度からメタボリックシンドロームに着目した新健診がスタートしました

メタボリックシンドロームは自覚症状が出ないままに進行していくため、定期健診でいち早く発見し、生活習慣を改善することが大切です。平成20年度から、メタボリックシンドロームに着目した「特定健康診査」(特定健診)と、検査結果に応じた「特定保健指導」がスタートしました。

メタボリックシンドロームを早期発見するための特定健康診査(特定健診)

メタボリックシンドロームは、これまでの自治体健診などの方法では見つけることができませんでした。そこで国は、平成20年度から、今の健診に代わり、メタボリックシンドロームの早期発見を目的とした「特定健康診査」(特定健診)を40歳以上の全ての国民に実施することを決めました。これにより、健康保険組合などの保険者は40歳~75歳の被保険者とその家族(被扶養者)に特定健診を行うことが義務づけられました。
特定健診は、健診対象者全員が受ける「基本的な健診」と、基本的健診の判定を踏まえ、医師が必要と判断した場合に受ける「詳細な健診」の2段階。基本的な健診でメタボリックシンドロームの判定を行います。

特定健診の検査項目

色文字は保健指導内容の判定に関連した項目)

基本的な健診の項目(受診者全員が受ける)

質問(問診) 服薬歴、既往歴、喫煙、運動、食事、飲酒など
身体計測 身長、体重、肥満度(BMI)、腹囲
理学的所見 身体診察
血圧測定 収縮期血圧拡張期血圧
脂質検査 中性脂肪HDL-コレステロール、LDL-コレステロール
肝機能検査 AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GT(γ-GTP)
代謝系検査 空腹時血糖(またはヘモグロビンA1c)、尿糖
尿・腎機能検査 尿たんぱく

詳細な健診の項目(医師の判断に基づき選択的に実施)

貧血検査 ヘマトクリット値、血色素測定、赤血球数
※貧血の既往歴のある人や、視診等で貧血が疑われる人に実施
心機能検査 12誘導心電図
眼科系検査 眼底検査(糖尿病の合併症を検査)
※前年の健診等で保健指導の判定基準を全項目で満たしている人に実施

特定保健指導の対象者の選び方

特定健診の結果や問診票(喫煙の有無)をもとに、メタボリックシンドロームの状況を判定。メタボリックシンドローム該当者はサポートとして「積極的支援」が、予備群は「動機づけ支援」が受けられます。

ステップ(1) 内臓脂肪蓄積のリスクを判定

ステップ(2) 健診結果、質問票から追加リスクをカウント

ステップ(3) ステップ1、2をもとに保健指導区分を決定

あなたに合った保健指導が受けられます

  • ※生活習慣病の薬物治療を受けている人は継続的に医療機関で受診しているため、保健指導の対象にはなりません。
  • ※65~74歳の人は「積極的支援」の対象となった場合でも「動機づけ支援」となります。
各種お知らせ
「保険者機能を推進する会」より
家計にやさしいお薬、ジェネリック
セミナー情報
お得な患者さん情報
ページTOP
Adobe Reader
PDFページの閲覧・申請書ダウンロードにはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。